南青山「HIGASHIYA man」豆大福 oishii

銀座にあるHIGASHIYAさんの、「まんじゅう屋」という位置づけのこのお店。
2〜3人もお客さんが来ればいっぱいになるぐらいの、小さなお店です。
まんじゅう屋といいつつ、お店も、そして豆大福も、息が止まるほどのオサレさよ。

さて、かんじんの豆大福は、餅しっかりの豆しっかりの食感。
どっしりとしてスキがなく、凛とした佇まいです。
パンケーキをほおばる小娘に「えー? 青山でまんじゅう〜?」と言われても、「まんじゅうですが、なにか?」と一蹴しそうですね。

でも、甘さ控えめでこぶりとあって、食べ終わっても「…あれ?なんか食べたっけ?」と一瞬思ってしまったのはここだけの話。
まあ「こぶりでしっかり」というのは、おもたせにも最適かもしれません。

青山界隈は意外と良質な豆大福の生息地であると思うのですが、HIGASHIYA manはまめとともにオサレまんじゅう屋のツートップと言えましょう。
店頭では「蒸したての饅頭」の販売もしているので、まんじゅう片手に青山を巡るのも一興です。
b0319002_13274395.jpg
豆大福 240円216円(税込み)/1個 ※すみません、初出時価格間違っておりました
HIGASHIYA man
東京都港区南青山3-17-14(GoogleMap


ええっと、前回から3年以上ぶりの投稿。
しれっと再開してみようかと思います。
その間にもいろいろ豆大福を食べていたのですが、まあそのへんはまた仕切り直しで。




[PR]
# by m-daifuku | 2017-11-16 10:25 | 豆大福

二子玉川「西河製菓店」豆大福

b0319002_06455132.jpgしっかり甘く、昔からずーっと変わっていないんだろうなあと思わせる豆大福。
おもしろかったのが「豆」で、すごーくぷりぷりしていて食べごたえがあったのでした。豆だけでもぽりぽり食べたい。

商店街の入口にあるしぶいお店で、しぶいおばちゃんが店番をしておりました。
和菓子以外にも、お餅とか海苔巻きとかおにぎりなんかも売っています。昼前に行ったので、思わずおにぎり買いそうになっちゃいましたよ。いいよなあ、こういうお店。近所にほしい。

豆大福 162円/1個
西河製菓店
東京都世田谷区玉川3-23-29


b0319002_06455669.jpg

b0319002_06455910.jpg



[PR]
# by m-daifuku | 2014-05-28 06:50 | 豆大福

青山「紅谷」豆大福

b0319002_14532867.jpgちょっとサボっていたら、あっという間にいちご大福の季節も終わってしまい、新緑の季節になってしまいました。
久しぶりの豆大福は、青山の老舗「紅谷」です。

店構えは渋いし、チェーン展開もしていないし、地味な昔ながらのお店ではありますが(でもオサレ街、青山にあるけどな!)、豆大福は小ぶりでお上品。しかし、あんこは結構甘く、それといい感じに対比して豆がしょっぱく、いいバランスであります。
お値段もお手頃ですな。

最近思うのですが、やっぱりお菓子はそれなりに甘くなくてはならないのではないでしょうか。人の欲求として。
特にあんこものって、あんまり甘くないと「…これは豆?」という気持ちになってしまいますし。

とはいいつつ、「カロリーが…」とか、心の片隅に思ってしまう自分。その辺の折り合いが、「甘い(うまい!)、でも小ぶり(だからカロリーは抑えられているはず!)」というあたりにあるのではないかと思う今日このごろであります。

近所にあったらふらっと買って帰ってしまいそうな、そんなおいしさでありました。

豆大福 162円/1個
紅谷
東京都港区南青山3-12-12


b0319002_15031287.jpg

b0319002_15031679.jpg



[PR]
# by m-daifuku | 2014-04-28 15:05 | 豆大福

三鷹「和匠 高円」苺大福

b0319002_19003957.jpgもしかして、豆大福より見た目のバリエーションが多いかもしれないですね、いちご大福って。
これは、結構「いちごの見た目感」を追求したバージョンです。

餅(求肥か?)はほんのりピンク、なんかつぶつぶも入っている。…あ、これって、もしやいちごの種を表しているのでしょうか。今書きながら気づきましたわ。

いちごのヘタ付きのいちご大福って、初めて見たよ。でもこれ、ヘタは乗っかっているだけなのだ。食べるとき、はらりと落ちました。
売り場で見たときは、いちごについたままのヘタが見えてるのかと思いったけど、まあよく考えれば裏表逆だもんね、ヘタ。

そんな甲斐甲斐しい努力のあとのいちご大福なのですが、どうもがんばりすぎた感が。ヘタってそんなに見た目もきれいなもんじゃないしねえ。

餅は固めで、あんとの一体感がイマイチ。口の中で、「ああ、私はもちとあんといちごを食べてるな」という独立した味というところ。

でも、なんとなく親近感を覚えますな。
がんばるところ、ちょっと違うよとささやいてあげたくなる、そんないちご大福でありました。

苺大福 300円/1個
和匠 高円
東京都武蔵野市西久保1丁目1-1


b0319002_19004322.jpg

b0319002_19004605.jpg



[PR]
# by m-daifuku | 2014-03-12 19:08 | いちご大福

渋谷「和菓子村上」大きな苺大福

b0319002_16370474.jpgいちご大福が続くのは、季節ものなののでいつ終わってしまうかと気がはやるからでございます。

さて、渋谷のヒカリエの地下にある「和菓子村上」。本店は金沢だそうで。ヒカリエ限定の「大きな苺大福」は、白あんと黒あんの2種類ございました。写真左が白あん、右が黒あんです。

つい最近まで知らなかったのだけど、関西のいちご大福は白あんがデフォルトらしいですな(金沢は関西ではないと思うけど)。

その白あん、良く言えば「いちごを引き立てる」、悪く言えば「存在感弱し」といったところ。
私は豆っぽいのが好きなので、黒あんのほうが好きかな。ま、もうちょっといろいろ食べ比べてみないと、白あんの良さもわからないのかもしれませぬ。

ところで、この「大きな苺大福」は、お一つ365円。
365円ですって、奥様。

いやー、いちご大福って豆大福よりややお高めだけど、300円台後半ってちょっとどーなのよ(「大きな」というほど大きくもないしさあ)と憤ったがために、あんまり肝心の味を静観できなかったかもしれません。

…ああ、これしきの値段で自分を失うとは。もっと精進いたします。

大きな苺大福 365円/1個
和菓子村上
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ地下2階


b0319002_16370933.jpg

b0319002_16371277.jpg



[PR]
# by m-daifuku | 2014-03-04 17:01 | いちご大福